予算の調整ができるのも魅力

分譲住宅と比較して注文住宅は費用がかかるという印象が一般的にあるようですが、実は、費用をかけずに建築できるというのも、注文住宅の魅力なんです。分譲住宅の場合、変更したくても、照明、システムキッチン、バス、壁材など建材類などが決まっています。建築されている住宅を少し変更してほしいといってもそれができないのが分譲住宅です。

でも注文住宅では、このくらいの費用でと設定することができますし、希望に添って作った設計や見積もりを見て、落とせる費用はしっかり落としていくことができます。キッチンのグレードを一段階落とす、照明器具をほかの物に変更する、床暖房を設置する部屋を少なくするなど、ローコストにしようと思えば、徹底的に費用を落とすことができるというのも、注文住宅の強みです。

絶対にこの部分にはこだわりたいというところがあれば、ほかの部分で費用をけずることができないか?と設計士さんが検討してくれますし、予算配分を見直しながらゆっくり担当の方と相談できます。何時までに建設しなければならないという場合は、それほどゆっくりしていられませんが、時間的に制限がないのなら、徹底して設計段階から費用をしっかり考えていくことが可能なのです。