未分類

住み手の要望がしっかり入った住宅

注文住宅を建てたご家族に聞いてみると、実際にどういう風に家が作られているのかということがよく理解できているので、例えばメンテナンスが必要になった場合や、故障が見つかった時など、この部分が悪いみたいとか、天井裏のこのあたりがよくないみたいと、家の構造がわかっているよさがあるといいます。

設計から携わると、バスルームの配管がどこからどうとおっているのか、照明の配線がどこを通っているのかということが大体わかっています。勿論設計図をみればわかる事ですが、メンテナンスが必要なところがおぼろげながらもわかるというのは、安心度が強いです。

建築途中で様子を見に行くこともできますので、途中豆に見学にいっておけば、基礎からしっかり見ることができます。建築会社の担当さんによっては、ここができたからみてみますか?と声をかけてくれることもありますし、施主がこだわっている部分などは特に丁寧に、施主に確認してもらいながら作るなど、建築会社の方も、「施主の理想の家」を作ることに集中してくれます。

注文住宅は住み手の要望がしっかり入った愛着の強い家です。整地から基礎、そして屋根、や外構などができていく過程をじっくり見ながら建築されていく我が家は、施主にとっても、内部構造がよく理解できる家となっているはずです。

未分類

予算の調整ができるのも魅力

分譲住宅と比較して注文住宅は費用がかかるという印象が一般的にあるようですが、実は、費用をかけずに建築できるというのも、注文住宅の魅力なんです。分譲住宅の場合、変更したくても、照明、システムキッチン、バス、壁材など建材類などが決まっています。建築されている住宅を少し変更してほしいといってもそれができないのが分譲住宅です。

でも注文住宅では、このくらいの費用でと設定することができますし、希望に添って作った設計や見積もりを見て、落とせる費用はしっかり落としていくことができます。キッチンのグレードを一段階落とす、照明器具をほかの物に変更する、床暖房を設置する部屋を少なくするなど、ローコストにしようと思えば、徹底的に費用を落とすことができるというのも、注文住宅の強みです。

絶対にこの部分にはこだわりたいというところがあれば、ほかの部分で費用をけずることができないか?と設計士さんが検討してくれますし、予算配分を見直しながらゆっくり担当の方と相談できます。何時までに建設しなければならないという場合は、それほどゆっくりしていられませんが、時間的に制限がないのなら、徹底して設計段階から費用をしっかり考えていくことが可能なのです。

未分類

理想の我が家を注文住宅で

住宅を建築することが決まれば、家族みなさんが理想の部屋などを想像するでしょう。可能ならお父さんの趣味の部屋も造りたい、キッチンは広くて収納がしっかりあってシンプルな作りにしたい、子供の部屋は明るくて日差しがしっかり入る部屋、バスルームは広く大きくカビが付きにくい素材で作りたい・・・希望を出し合えばきりがないと思いますが、費用が許すならこうした希望をしっかり現実にできるのが、注文住宅の魅力なんです。

最近は住宅の敷地内に小さい畑を作りたいとか、お子さんが安心して遊べる住宅にしたい、また1階部分を駐車スペースと物置にしたいなど、様々な要望があります。注文住宅は建築基準などにかからない限り、どんな家を建ててもいいのが大きなポイントです。

中庭を作るとか、広いベランダや屋上に庭を造りたいということも可能です。屋上があると、周辺環境にもよりますが、家族でバーベキューを楽しんだり、夏にはお子さんとプールを楽しむということもできます。こういう家じゃなくちゃダメ、という仕切りがなく、自由な発想で、自分と自分の家族が気持ちよく暮らせる空間を作ることができるのが注文住宅です。

すでに建築された注文住宅が理想的な作りであれば、それはそれでラッキーだと思いますが、そういうことは稀です。費用を落として理想の我が家を作ることも可能な注文住宅で、理想の我が家を作ることを検討されてはいかがでしょうか。

未分類

注文住宅で理想の家を建てよう

我が家を購入するということになれば、どんな家を建てようかと家族皆さんで理想の家を考えるでしょう。最近は分譲住宅も工夫された個性的な住宅が多くなってきましたが、やっぱり自由度の高い設計ができる注文住宅は、住宅を建設予定のご家族にとって理想的な建築となるでしょう。

分譲住宅の場合、一般的にすでに建築された家を購入されます。工務店や建築会社が設計した間取りも、設備も決まったものが利用されています。昔は同じような建物がずらりと並ぶ分譲地も多かったのですが、今は外観も間取りも住宅によって変化のある分譲住宅が多くなり、以前よりも魅力ある住宅になっていることは確かです。

でも施主の意思を聞いて、間取りから利用する建材、さらに設備機器などを一から選ぶことができる注文住宅はより理想的な住宅が建設できるため、分譲住宅よりも注文住宅の方が魅力的だと考える方が多いのです。

注文住宅のデメリットとして挙げられるのが、費用がかかりすぎるということですが、実はそういうこともないのです。自分たちが住宅建築にかけられる費用を設定し、その費用に合わせて建材や設備機器を選んでいき、削れる費用をしっかり削っていけば、分譲住宅よりも安く仕上がこともあるのです。

当サイトは分譲住宅では実現できない、自分の思い通りの家が建てられる注文住宅の魅力について紹介します。これからマイホーム建築を計画されているご家族のお役にたつことが出来たら幸いです。

参考:クラシスホーム | 名古屋で注文住宅建ててみる